飲む日焼け止めや美白に使われる成分「リコピン」とは?

飲む日焼け止めや美白に使われる成分「リコピン」とは?

飲む日焼け止めや美白に使われる成分「リコピン」とは?

トマトが代名詞になっているリコピンですが、パプリカや人参などの緑黄色野菜、ピンクグレープフルーツやスイカ、柿などのフルーツに含まれているカロテノイドの一種になります。カロテノイドは植物に含まれる天然色素です。

 

 

リコピンは抗酸化作用があり活性酸素を抑える働きがあります。

 

活性酸素は本来、体内に入った細菌を排除していますが、ストレスや生活習慣の乱れなどで活性酸素が増えすぎるとお肌のトラブルの原因となってしまいます。

 

お肌のトラブルであるシミやそばかすができる過程は次のようになります。

 

紫外線を受けて活性酸素が増えすぎると情報伝達物質がつくられます。
情報伝達物質によりメラノサイトが刺激を受け、チロシナーゼという酵素が動き出しメラニンを作ります。
作られたメラニンはお肌に現れますが、うまく排出されないと色素沈着になりシミなどの原因となってしまいます。

 

リコピンは活性酸素とメラニンを作るチロシナーゼを抑える働きがあるので、日焼け止めやお肌のトラブル予防と色白を保持することに繋がり、美白効果に適していると言えます。

 

 

なので、飲む日焼け止めや色白を保つ美白サプリにリコピンが使用されています。

 

また、リコピンは摂取しないと減ってしまうので、抗酸化作用がきちんと働くためにはリコピンの摂取が大切です。といってたくさん摂っても余分なものは体外に排出されてしまいますので、毎日継続して摂っていくことが大切になります。リコピンは熱を加えたほうが吸収率があがると言われていて、またトマトでいえばケチャップやジュースなどの加工品でも摂れるので料理もいろいろ工夫できますね。

 

リコピンは他にも働きがあります。

 

がん予防・動脈硬化予防・脳梗塞・心筋梗塞・ダイエットに効果があると言われています。よくコレステロールは善玉コレステロール・悪玉コレステロールと呼ばれています。リコピンは悪玉コレステロールの酸化を抑える働きがあり動脈硬化予防としてとくに期待されています。

 

 

さらに善玉コレステロールを増やす働きもあります。
悪いイメージの強いコレステロールですが細胞膜の構成成分にもなっています。

 

日焼け止めや色白美白や健康、ダイエットにまで効果のあるリコピンですがサプリメントの過剰摂取には注意が必要です。
食品からのリコピンの過剰摂取による副作用は今のところないようですが、サプリメントでリコピンを摂取していると、たまにサプリメントによって肝臓に負担がかかってしまうことがあるようです。リコピンをサプリメントで摂取するときは正しい量を守って服用するようにしましょう。
⇒色白になるサプリ〜年中紫外線対策を手軽におこないアナタへ〜

ホーム RSS購読